トップページ > 売却をご検討中の方へ

売却をご検討中の方へ

出口戦略(=ご売却)をお考えの投資家様・オーナー様へ

 

 

□不動産投資ブームが過熱しており価格が上昇している「今」【利益確定】【現金化】の時です。

 

baikyaku_01

 

 

 

□2008年から現在までの市況の変動について


2008年のリーマンショック・2011年の東日本大震災による政情不安から不動産価格の低迷時期を経て、2012年より始動した経済政策「アベノミクス」による景気回復・2016年より始動した「マイナス金利政策」による金融機関の積極的な融資姿勢が後押しし、不動産ブームが過熱し投資用不動産需要が活況を極めております。

 

 

  

□5年間(2012年~2017年)の価格推移について

 

graph-170824

 

「不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家」の【一棟マンション 全国:登録物件 価格・利回り推移】によりますと、2008年リーマンショック・2011年東日本大震災の影響を受け最低下落価格となった2012年1月~6月では「価格13,187万円・利回り10.40%」とあります。

 

その後上述の通り不動産投資ブームの過熱に伴い価格が右肩上がりに上昇し、2017年4月~6月では「価格15,879万円・利回り7.95%」となっており、5年間で物件価格が約20.41%上がったことになります。

 

5年前の相場では1億円だった不動産が、12,000万円まで上がっているということです。

 

上記データは東京23区の物件・新築物件等も含まれる価格・利回りですので、【郊外地方エリア・中古物件】にフォーカスしますと、物件価格の上昇率は20%を超えていると思います。

 

価格が上昇している現在、不動産をご所有の方は「出口(=売却)」を考えるには格好の時期とも言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

□今後の展望・予測について

 

投資家の皆様の中には、「黒田総裁の任期である2018年」までや「東京オリンピックの2020年」まではもっと価格は上がり続ける、少なくとも下落することはないだろうから、まだ様子を見ようとお考えの方々もいらっしゃると思います。

 

もちろん、今後も不動産価格が上昇する可能性は否定できません。

 

しかしながら、昨年(2016年)下旬より金融庁が「アパートローン」の監視を強化し、積極姿勢だった銀行が慎重姿勢に転換しました。

 

日本銀行によりますと、国内銀行のアパートローンの新規融資額は2017年1月~3月期に前年同期比0.2%減の1兆508億円とのことで、前年と比べ新規融資が減るのは2014年10~12月期以来の約2年ぶりとなり、融資が引き締められつつあることが分かります。

 

北朝鮮を取り巻く昨今の世界情勢の動向・不安もあり、「近い将来、銀行の門が閉まり不動産を売りたくても売れない(=買い手の融資が受けられない)」時がくる可能性があることも、投資家として念頭に入れておく必要があると思います。

 

 

 

□高値で売れる物件・足元を見られる物件とは

 

賃貸運営が上手くいっている方は、現在満室稼働で収益が上がっているから別に売る必要はないと考えてらっしゃる方もいると思います。

 

しかし、「そのような収益が上がっている物件を手放す」というのも非常に重要な戦略と言えます。

 

投資用の不動産においては、

 

売却したくなる物件(築古/がら空き/修繕が必要)

買い手から嫌われる物件(=足元を見られる物件)

 

という図式が自己居住用の不動産よりも顕著に表れるからです。

 

まだ売る必要はない(築浅/満室稼働/修繕実施直後)という物件こそが、一番の売り時(=高値で売れる物件)と言えます。

 

 

 

 

□最後に

 

不動産投資は「アパート経営」とも表現されるように、「投資」という側面と「経営」という側面の両方を兼ね備えた非常に高度な資産運用です。

 

アパート経営を営む経営者として、価格が上がっており、未だ銀行の門が開いている今だからこそ、ご所有不動産の売却をご検討してみてはいかがでしょうか。

 

ご相談においては、皆様の大切な「運用資産」であるマンションやアパートを、想定される修繕経費や入居状況などを鑑みながら判断させて頂きます。

 

その結果、ここでご提案しているように「売却=出口」を提案することもあれば、逆に「まだ保有しておくべき」とご提案することもございます。

 

資産形成にあたり、最適な選択肢をご一緒に考えさせて頂きます。

 

ご希望頂けましたら、お気軽にご相談くださいませ。 

 

 

      資産管理運用部 部長  久我 哲平

 

           資格:宅地建物取引士

          出身地:東京都新宿区

          不動産業界歴:  6年

 趣味:読書・食べ歩き・スポーツジム通い

     出身校:青山学院大学 経営学部

 ファイル_001 (10)

大学卒業後、世田谷・目黒にある住宅(土地・戸建・マンション)の売買会社を経て、フリーダムインベストメンツに入社した。
正確さ・丁寧さ・迅速さをモットーにしており、お客様の大切な資産運用のパートナーと なるべく日々尽力しております。

 

  

お問い合わせ/9:30~18:00(水・日・祝日を除く)TEL.03-5953-3811

メールでのお問合せはこちら